30後半の看護師が、趣味のダンスで食えるようになった話 番外編

ダンスで食えるようになるまでを書いた昨日の記事が、意外と好評でビックリしております。ありがとうございます。

嬉しさのあまり目玉が飛び出て手巻き寿司に

このダンスシリーズ、あまりにも長文になったので3つに分けております。今後、公開していく予定です。

そして昨日の記事で伝え忘れたことがあったので「番外編」として書かせていただきます。お題は「環境は自分で創ろう」です。3分で読める記事です。

昨日までのハイライト

サクっと説明しますね。

小遣い稼ぎで始めようとしたダンス教室。団地の集会所を借りたことでコストダウンを実現!!ここまでが昨日の流れです。

しかし、そこはただの集会所。ダンスに重要なあの設備がないのです。

そう、それは鏡

鏡をどうするか?

踊るためには鏡を見ながらレッスンをしなければならない。だが借りた場所に鏡を設置してもらうわけにはいかない。どうしたものか?

何か持ち運べるような鏡がないかネットで探したところ、フィルムミラーというものを発見。割れないし、軽い!これはいい!

と思いきや1枚7マソ円

お値段、まさかの失禁価格!!!!

まじビビる!壁一面に置くとしたら5枚は必要…となると合計

35マソ!!!(諭吉3ダースぐらい)

通販風に「今回に限りもう1個プレゼント!」って言われたとしても

お値段、

まさかの失禁価格!!!!

しかもフィルムミラーは破れやすいという得点つき!

7万円があっさり破れたときはメンタルもあっさり!

いらんわ

これは鏡なしでやるしかないのか…

まさかのアイディアで問題解決

悩みに悩み、鏡を買うしかないのか…と諦めたかけたとき、フィルムミラー販売サイトであるものを発見

そう、販売品の断面図。しかも素材名まで書いてある

「これ、作れるんじゃね?」

そう「鏡を作ってしまえばいいじゃん」という発想に。そして図に記載された材料を調べあげ近所のホームセンターへ。

そして代用品などを探し試作品を繰り返し作りました。失敗を重ねながら半年かけてできあがったのがコチラ!!!

普通に写る!!!!!

思ってたより意外とキレイ!

しかも1枚あたりの制作費はなんと!

70,000円→6,000円

まさかのアイディアで鏡の設置に成功。コストは1割まで下げた。しかも自分で作れたので修理も可能。(ちなみに近所のダンス関係のサークルから問い合わせが来た)

今日はここまで。「環境は自分で創る」いかがだったでしょうか?実はただ面白おかしく書きたくなっただけです。

というは冗談ですが、こういった障害で諦める人って多いんじゃないんでしょうか?自己啓発本にも「諦める理由ではなく、できる可能性を考えろ」的なこと書いてますよね?

まさか鏡作れるとは思ってなかったので、自分でもよくやったなと思います。でもこういった「どうやったらできるか?」っていう思考は僕の仕事の中では度々でてくるワードです。あながち間違ってないのかも。

ちなみ、近所のヨガサークルやフラダンスサークルが私のDIY鏡を見て欲しがってるので売りつけ戦略考え中。次は鏡屋さんになります。

fin

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする